1.土砂災害を知る

毎年のようにニュースで取り上げられる 「土砂災害」。
ここでは、土砂災害を正しく理解し、考えることで、私たちの安全な暮らしに役立てていきましょう。

ところで 「土砂災害」という言葉からイメージされることは........?

災害の光景

危なそうな場所

早い避難 長引く避難生活

どんなことをイメージしましたか?
それでは、土砂災害がどのようなものかを見てみましょう。

がけ崩れがけ崩れとは、突然、急な斜面が崩れ落ちる現象です。
・地中にしみこんだ雨などの水分が、土の抵抗力を弱め、
 斜面が水の重みにも耐えきれず、崩れ落ちます。
・地震の影響によって生じることもあります。
・一般に、大量の土砂が瞬時に崩れ落ちるため、
 避けることが難しく、人家の近くでは大きな被害が生じます。

動画を見る

(再生時間 00:39)

地すべり地すべりとは、斜面が広範囲で、すべり落ちる現象です。
・斜面の一部または全部が、地下水の影響と重力により、
 ゆっくりと下方にずれ動くことです。
・ずれ落ちた土砂が川をせき止め、川の上流に水がたまり、
 その周囲は水浸しで押し出され、土石流となることもあります。
・地震の影響によって生じることもあります。
・一般に、広い面積の土砂がずれ動くため、大きな被害に
 なります。

動画を見る

(再生時間 00:26)

土石流土石流とは、山腹や川底の土砂が大雨などで、
一気に下流まで勢いよく押し流されてしまう現象です。
・積雪地帯では雪解け水が原因となる場合があります。
・地震や地すべりで崩れた土砂がダムのように川をふさぎ、
 そのダムが決壊することで生じることもあります。
・流れる土石には、大きな岩や樹木も混ざるため、
 谷を削りながら落ちます。
・一般に、流れが早く、下方では扇の形に広がって止まり、
 被害は広範にわたり、一瞬で人家や畑などを壊滅させます。

動画を見る

(再生時間 00:34)

それでは、過去の土砂災害事例、土砂はなぜ起きるのか、安全な暮らしのためにしておくべきことについて、
順番に考えていきましょう。