保険まめ知識
トップ / 保険まめ知識 / よくあるご質問と回答【参考純率・基準料率について】

よくあるご質問と回答【参考純率・基準料率について】

Question 参考純率とはなんですか。
Answer 料率算出団体が参考純率を算出することができる保険の種類は、自動車保険、火災保険、傷害保険、医療費用保険、介護費用保険です。
損害保険の保険料率は、保険金に充当する純保険料率部分と保険事業を営むための部分等に充当する付加保険料率部分によって構成されています。

当機構では、このうち純保険料率部分を算出して会員に提供しており、この純保険料率を参考純率といいます【損害保険料率算出団体に関する法律 第2条第1項第5号】。会員は、参考純率を基礎として自社の純保険料率を算出した上で、これに自社で算出した付加保険料率を加えた自社独自の保険料率を金融庁長官に認可申請(または届出)することができます。会員には参考純率を使用する義務はありませんが、参考純率を使用して認可申請(または届出)した場合は、金融庁長官が審査するにあたり、使用した参考純率部分については料率の三原則に適合していることが勘案されます【損害保険料率算出団体に関する法律 第9条の2第4項】
参考純率の算出

Question 参考純率を提供してほしい。
Answer 参考純率表およびそれに関する資料・情報は会員との守秘義務の関係から開示できませんので、ご了承ください。

Question 各種保険の保険料を教えてほしい。
Answer 保険料については、各損害保険会社にお問合せください。

Question 基準料率とはなんですか。
Answer 料率団体が基準料率の算出を行うことができる保険の種類は、自賠責保険と地震保険です【損害保険料率算出団体に関する法律 第3条第5項】。基準料率とは、保険料率であって、当機構の会員は、当機構が算出した基準料率を自社の保険料率として使用するという届出の手続きをすれば、保険業法に基づいた認可を取得したものとみなされます【損害保険料率算出団体に関する法律 第10条の4第3項】

基準料率は公共性が高い保険種目とされており「ノーロス・ノープロフィットの原則」に基づき、付加保険料率部分に保険会社の利潤が織り込まれていません。また、会員およびその他の利害関係人は、料率団体に対して基準料率表や基準料率算出の基礎資料の閲覧を求めることができます。
自賠責保険基準料率
地震保険基準料率

このページの先頭に戻る

保険まめ知識について

保険用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

よくあるご質問と回答

損害保険料率算出機構について

参考純率・基準料率について

地震保険について

自賠責保険の契約・保険料
について

自賠責保険の請求・支払
について

自賠責保険の被害者保護
のしくみについて

統計・資料について

トップニュースリリース機構の概要会員業務内容保険まめ知識ディスクロージャー採用情報リンク