ニュースリリース
トップ / ニュースリリース / 2017年7月31日

「GEM Foundationによる世界の地震リスク評価モデルOpenQuakeの機能と操作方法」を発行しました

2017年7月31日
損害保険料率算出機構


 損害保険料率算出機構【略称:損保料率機構、理事長:浦川道太郎】は、応用地質株式会社と共同で「GEM Foundationによる世界の地震リスク評価モデルOpenQuakeの機能と操作方法」を発行しました。

 GEM Foundationは、地震防災に貢献するため、全世界を対象とした地震動や地震被害を計算するソフトウェア「OpenQuake」を開発、無償で公開している非営利組織です。
 OpenQuakeは、地震ハザードおよびリスク評価において、多彩な機能を有し、様々な手法での計算が可能な利用価値が高いソフトウェアです。
 当機構では、応用地質株式会社と共同で、OpenQuakeの機能と操作方法に関し、GEM Foundationによる公表資料の和訳とともに、操作方法例や計算例を多く盛り込み、実務的なドキュメントを作成しました。

 本書は本ウェブサイトからご覧いただけます。
GEM Foundationによる世界の地震リスク評価モデルOpenQuakeの機能と操作方法

 ※冊子(A4版 本文248頁)をご希望の方には、おひとり様1部に限り無償でご提供いたしますので、当機構広報グループまでお申込みください。

応用地質株式会社ウェブサイトはこちら
GEM Foundationウェブサイトはこちら

本件に関するお問い合わせ先

総務企画部 広報グループ
tel 03-6758-1353(担当:嶋田、林)

以 上

このページの先頭に戻る

トップニュースリリース機構の概要会員業務内容保険まめ知識ディスクロージャー採用情報リンク集