業務内容
トップ / 業務内容 / 自賠責損害調査業務 / 自賠責保険(共済)損害調査 / 支払われない場合・減額される場合

支払われない場合・減額される場合

 自賠責保険(共済)は、(1)自動車の運行によって他人を死傷させ、(2)加害者が法律上の損害賠償責任を負った場合の損害について支払う保険(共済)です。
 このため、次のような場合には、自賠責保険(共済)は支払われません。
 また、支払いが減額されるケースがあります。

支払われない場合

1.加害者に責任がない場合
 加害者が次の3条件(自賠法第3条但書の3つの要件)をすべて立証できる場合、加害者には責任がありません。
(1) 自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと
(2) 被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと
(3) 自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったこと

たとえば、次のような事故があります。
AさんはB車の自賠責保険(共済)から支払われないことがあります。


(1) 正常に止まっている自動車(B車)に追突したAさんが死傷した場合
例1

例2

(2) Aさんが信号無視をしたため、青信号に従って交差点に入った自動車(B車)と衝突してAさんが死傷した場合

(3) Aさんがセンターラインをオーバーし、対向車線を走っていた自動車(B車)と衝突してAさんが死傷した場合 例3

例4
2.電柱に自ら衝突したような
いわゆる自損事故で死傷した場合

3.自動車の運行によって死傷したものではない場合
 駐車場に駐車してある自動車に、スケートボードで遊んでいた子供がぶつかって死傷した場合
 … 駐車場に駐車してある自動車は運行しているとはいえません。
例5
 「運行」とは、自動車の走行中のほかにも、ドアの開閉、クレーン車のクレーン作業、ダンプカーの荷台の上げ下げ等も含みます。


例6 4.被害者が「他人」ではない場合
 被害者所有の自動車を友人が運転していて自損事故を起こした際、その自動車に同乗していた自動車の所有者が死傷した場合
 … 被害者所有の車による事故であり、被害者は「他人」とはいえません。


 自動車の所有者や借受人などが被害者となった場合には、「他人」には当たらないため、お支払できないことがあります。

5.事故による死傷でない場合
 事故以外の原因で死傷した場合(例えば、助手席に乗車中に持病の発作で死亡した場合)

このページの先頭に戻る

減額される場合

1.重大な過失による減額
 自賠責保険(共済)においては、被害者に重大な過失があった場合にのみ、被害者の過失割合に応じて損害額から減額されます。なお、損害額が支払限度額を超える場合は、支払限度額から減額されます。

減額適用上の
被害者の過失割合
減額割合
後遺障害又は
死亡に係るもの
傷害に係るもの
7割未満 減額なし 減額なし
7割以上8割未満 2割減額 2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

 任意保険(共済)にはこの取り扱いは適用されません。被害者に過失があれば、過失割合に応じて損害額から差し引かれます。

2. 事故による受傷が原因で死亡または後遺障害が生じたかどうかの判断が困難な場合の減額
 被害者が事故前から傷病があった等により、死亡や後遺障害の原因が事故によるものかどうか判断が困難な場合には、死亡および後遺障害による損害額から5割減額されます。
 なお、損害額が支払限度額を超える場合は、支払限度額から5割減額されます。

このページの先頭に戻る

業務内容トップページ

料率算出業務

自賠責損害調査業務

自賠責保険(共済)損害調査

請求の流れ

請求できる損害範囲

自賠責保険(共済)
請求提出書類一覧

支払われない場合・
減額される場合

損害調査の流れ

損害調査体制

脳外傷による高次脳機能障害の後遺障害認定について

過去の報告書

お問合せ・ご相談は・・・

自賠責保険支払基準

自賠責保険の損害調査についてよくあるご質問

政府保障事業損害調査業務

データバンク業務

トップニュースリリース機構の概要会員業務内容保険まめ知識ディスクロージャー採用情報リンク集