採用情報
トップ / 採用情報 / 新卒採用情報 / 人事からのメッセージ
人事からのメッセージ

学生のみなさんへ

損害保険料率算出機構(損保料率機構)は、平成14年(2002年)7月に2つの料率算定会(損害保険料率算定会と自動車保険料率算定会)が統合して発足した、損害保険の料率算出団体です。

現在、日本は「変化の時代」と呼ばれるほどの大きな変革期を迎えています。そして、損保業界および損保料率機構を取り巻く環境は、グローバルに、かつ大変早いスピードで変化しています。この環境の変化に柔軟に対応し、自らが進んで考え、新しい道筋を切り開いていく。そんな人材がこれからは求められています。

私たちは、長い歴史を持つ日本で唯一の料率算出団体として、社会に貢献してきた自負があります。今後とも、社会からの信頼と損保業界からの期待に応えていくためには、今まで以上に、既成概念を打ち破り失敗をおそれず、改革意欲をもって仕事にチャレンジしていく必要があります。

損保料率機構には、「料率の算出」、「自賠責保険の損害調査」、「データバンク機能」という3本の柱を中心に、これから社会に羽ばたこうとしている皆さんが存分に活躍できるステージがあります。

「新しい発想で仕事に取り組み、高いハードルを乗り越えて自分を成長させていきたい!」というチャレンジ・スピリットに溢れた皆さんをお待ちしています。

このページの先頭に戻る

わたしたちの求める人材

イメージ

主体性

〜責任感を持って、チャレンジできること〜

 現代で生き残る組織は、経験のない環境・状況下でも、過去の成功経験にとらわれずに行動し、求められるレベル以上の結果を出す組織です。
 生き残る組織であり続けるためには、組織にはビジョンと計画性、一人ひとりには責任感を持って積極的にチャレンジしていく自律の精神が必要不可欠です。
 学生時代に学問、クラブ活動、アルバイトなど、様々な場面でチャレンジしてきた経験や責任を持って『何か』に取り組んだ経験は誰しもあるはずです。皆さんが経験した『何か』をぜひとも私達に伝えてほしいと考えています。



考え抜く力

〜妥協することなく、タフに新しい価値を追い求めることができること〜

 損保料率機構のミッションは、損保業界にとどまらず社会全体のニーズにマッチした価値を提供し続けることにあります。
 「変化の時代」で求められる価値は、常に変わり続けます。時代のニーズを捉えた価値を提供するためには、将来を見据えた課題を発見することができる深い思考力・洞察力と、その課題をクリアするために粘り強く結果を求めていく行動力が欠かせません。
 損保料率機構では新しい価値を生み出すためにトコトン考え、誰もが理解・納得できる結論を出すための努力を惜しまない人を求めています。



コミュニケーション

〜チームワークを発揮して高いレベルの成果を追求できること〜

 損保料率機構の業務は多岐に亘り、正確性と迅速性が同時に求められます。どんなに優秀なスタッフでも一人では、十分な結果を出すことはできません。
 自分の意見を的確に伝える発信力を備え、メンバーと意識・目標を共有し、各自の強みを活かして業務を進めることで初めて十分な成果を生み出すことができます。
 損保料率機構は、コミュニケーション能力が高く、チームで仕事をすることが好きな人を求めています。

このページの先頭に戻る

採用情報TOP
募集要項
採用プロセス
採用Q&A
ワークライフバランス
人事からのメッセージ
損保料率機構ナビ
職員インタビュー
トップニュースリリース機構の概要会員業務内容保険まめ知識ディスクロージャー採用情報リンク集