よくあるご質問

Q1.料率算出業務は統計学や数学など、理系色が強いイメージがありますが、文系でも大丈夫でしょうか?

やる気があれば大丈夫です。実際に文系の職員も多数、活躍しています。料率算出業務は、統計学や数学を使いながら業務を進めていきますが、それだけではなく、例えば約款(保険の契約書類)を読み込むことも必要になります。これらの業務を進めるために必要な知識・ノウハウは配属部署でしっかりとレクチャーをしています。また、専門的な内容を対外的にわかりやすく伝えていく説明力も重要になってきています。当機構では、料率算出業務に限らず、理系と文系の職員がお互いの強みを活かしながら業務を進めています。

Q2.アクチュアリーを目指しています。機構ではアクチュアリーを養成する仕組みなどはありますか?

損害保険業界におけるアクチュアリーの必要性は高まってきています。当機構においても、アクチュアリーが活躍できるフィールドは料率算出部門を中心に多岐にわたります。アクチュアリー養成には力を入れており、資格取得に向けた研修など、様々なバックアップをしています(詳細は会社説明会でお話します)。

Q3.損害調査部門は法律に基づき調査をしていくとのことですが、法学部出身でないと業務を担当するのは難しいでしょうか?

やる気さえあれば、どの学部でも大丈夫です。確かに、損害調査部門では法律の知識が求められますが、入社後の研修とOJT教育で十分に業務に必要な知識を習得することができます。また、他の部門も同じですが、大学で学ぶ勉強と、機構の業務で用いる知識は似ているようで違います。当たり前ですが、法学部出身であっても、いきなり業務ができるわけではありません。しっかりとしたレクチャーを受けてから実際の業務を担当していきます。

Q4.損害保険料率算出機構の今後の業務展開を教えてください。

今後も「料率算出業務」、「損害調査業務」、「データバンク業務」を軸に、社会・損保業界のニーズに応えるサービスを提供していきます。具体的なビジョンについては、2012年に策定した「今後の10年ビジョン」をご覧ください。

損害保険料率算出機構 今後の10年ビジョン

Q5.ワークライフバランスを支援する制度はありますか?

当機構では、従業員が仕事と家庭の両立を図りつつ、持っている能力を最大限に発揮できるよう、法定基準を上回るさまざまな支援制度を導入しており、「くるみん」を取得しています(2008年・2013年・2018年)

ワークライフバランスを支援する制度

次世代認定マーク「くるみん」を取得

Q6.新入職員研修はどのようなことをするのですか?

4月の約半月間、導入研修が行われ、その後職場の若手職員を指導者としたマンツーマンによる研修が約1年間続けられます。また、(公財)損害保険事業総合研究所が主催する損害保険全般の知識を習得するための講座を受講することができます。

Q7.配属はどのように決まるのですか?

面接時にお伺いした希望業務と、皆さんの適性を考慮して配属先を決定します。

Q8.職場はどのような雰囲気ですか?

当機構では、チームワークを発揮して、成果を出す業務が多いこともあり、社員同士の仲が良い会社だと思います。もちろん、部署やメンバーによっても雰囲気は異なりますが、共通して言えるのは、「新入職員をしっかり育てる、面倒見がよい雰囲気がある」ということだと思います。

ページトップへ

リクナビ2020インターンシップにエントリーする