• ENTRY
職員インタビュー
INTERVIEW
Profile

損害調査関連業務
損害調査部(※取材当時)
Y.N 法学部卒

私の仕事 - My Works

事故における、
後遺障害等級を審査する。

自賠責保険の損害調査をしています。自動車事故の怪我が完治しない場合、様々な後遺障害が残ることがあります。その後遺障害が、自動車損害賠償保障法施行令に定められている後遺障害等級に該当するかを審査する仕事です。
後遺障害の等級認定にあたっては、医学知識を有していることが必要不可欠です。必要に応じて弁護士や医師等の専門家に相談しながら審査を行っています。入社当初は、このような医学知識を要する業務に携わるとは想定しておらず、その知識があるわけではないため、正直不安がありました。しかし、実際に従事してみると、当機構は研修等も充実していますし、わからないところは丁寧に教えてくれる親切な方が多いため、当初の不安は徐々に解消していきました。
いま仕事をする上で心がけているのは、自賠責保険の損害調査のモットーである「公正・迅速・親切」ですが、中でも審査の内容が公正であることを意識しています。また、医師等の見解を得た内容について、わかりやすく調査結果にまとめることが親切につながるものと思っています。このように、自賠責保険の目的である被害者救済を常に意識し、公平に物事を見ることを大切にしながら仕事をしています。

メッセージ - Message

新しい知識を、
習得し続けたい方にお勧めです。

法律に関連する仕事ができる場として当機構を選びましたが、今は医学という新たな知識を習得し、それを仕事に活かすことに喜びを感じています。出身学部に関係なく、日々新たな知識を習得する意欲のある人にはぜひ当機構をお勧めしたいです。就職活動は自分を見つめ直す貴重な機会であり、自分自身を知ることが大切です。また、会社のパンフレットや説明会で得られる情報は、あくまで一面的なものに過ぎません。積極的に会社の人に会う機会を作って、その会社の業務に関する具体的な話を聞いて、興味を持つことができる会社、雰囲気の合う会社、みなさんが活躍できる会社を見つけてほしいと思います。
当機構は、男女関係なく活躍できるフィールドが整っており、私自身仕事を通じて充実した日々を過ごしています。同様に興味を持たれるみなさんと、ご縁があって一緒に働けたら嬉しいです。

Other Interview
PAGE TOP