事故防止・損害軽減等のためのレポートの公表
「衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の効果と事故防止上の注意点」

2020年12月15日
損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構【略称:損保料率機構、理事長:浦川道太郎】では、コネクテッドカー・自動運転車の普及を想定した対応として、自動車関連データのプラットフォーム構築に向けたシステム基盤の整備等を行っており、あわせて関連情報の発信も行っています。この取り組みの一環として、「衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の効果と事故防止上の注意点」を公表しましたので、ご案内いたします。

AEBとは、先行車や前方の障害物を検知し、追突・衝突が避けられないと判断した場合は、運転者の代わりにブレーキ制御等を行う運転支援装置です。国内では2021年以降、新たに生産される自動車にはAEBの搭載が義務付けられるなど、その普及が進み、自動車事故の減少が期待されます。その一方で、AEB搭載車両であっても事故が発生している点に留意が必要です。

本レポートは、AEBの事故低減効果などのメリットについて確認したうえで、AEB搭載車両による事故の事例と事故を防ぐための注意点について紹介しています。

衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の効果と事故防止上の注意点

衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の効果と事故防止上の注意点

事故防止・損害軽減等のためのレポート
衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の効果と事故防止上の注意点


本件に関するお問い合わせ先

総合企画部 広報グループ

contact@giroj.or.jp(担当:姫川、嶋田)

以 上

ページトップへ