型式別料率クラス検索

「メーカー・車名」もしくは「型式」からお車の型式別の料率クラスが検索できます。
検索結果は、当機構で算出した参考純率上の料率クラスになります。
各保険会社で使用している料率クラスとは異なる場合がございますので、自動車保険をご契約する際は各保険会社へご確認ください。
なお、クラスが高いからといって、そのお車が危ない自動車であるということではありません。

検索いただけないお車について

※自家用普通乗用車・自家用小型乗用車以外、改造車、型式不明車、並行輸入車および未発売・発売して間もない型式

メーカー・車名で検索する

または

型式で検索する

保険まめ知識

型式とは

自動車の型を分類するために付される識別記号で、自動車検査証(車検証)に記載されています。
当機構でいう型式は、自動車排出ガス規制の識別記号およびハイフン(-)を除きます。
(例:ABC-DEFの場合、DEFを指します)

型式別料率クラスとは

「型式」ごとの保険実績に応じて保険料を9つのクラスに区分しています。
保険料はクラス1が最も低く、各型式には補償内容ごとにクラス1~9のいずれかを適用します。制度の詳しい説明はこちらをご覧ください。

※料率クラスは毎年見直します。

改造車とは

自動車検査証(車検証)の型式欄に「改」「カイ」と記載されている自動車です。

型式不明車とは

自動車検査証(車検証)の型式欄に「不明」「FUMEI」「フメイ」と記載されている自動車です。

並行輸入車とは

正規の販売代理店を通さず、別のルートで輸入した自動車です。
自動車検査証(車検証)の型式欄に記載の型式が「ハイフン(-)」で囲まれています。
(例:型式ABCの場合、-ABC-と記載されています)

自動車タイプとは

自動車を利用する目的(自家用や事業用など)や自動車の種類(乗用・貨物、普通・小型・軽など)の別によってリスクが異なるため、保険料率を用途・車種別により区分しています。

AEBとは

AEB(衝突被害軽減ブレーキ)とは、自動車が前方障害物との衝突を回避するため、または衝突速度を下げるため、自動的にブレーキを作動させる装置のことです。

保険実績の蓄積が十分ではない「型式」については、このAEBによるリスク軽減効果が「型式別料率クラス」に十分に反映されていません。そのため、保険実績の蓄積が十分ではない「発売後約3年以内の型式」を対象に、AEB装置の有無に応じて保険料が割引となります。

※自家用軽四輪乗用車に関しては、「型式別料率クラス」を導入するまでの期間、全ての型式を対象にAEB装置の有無に応じて保険料が割引となります。

ページトップへ