事故防止・損害軽減等のためのレポートの公表
「高齢者の歩行中の交通事故を防ぐには」

2021年3月15日
損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構【略称:損保料率機構、理事長:浦川道太郎】では、交通事故や自然災害といった私たちの身のまわりのリスクを取り上げ、統計データ等も活用しながら、消費者の皆さまに向けた事故防止・損害軽減等のためのわかりやすい情報発信を行っています。この取り組みの一環として、「高齢者の歩行中の交通事故を防ぐには」を当機構ウェブサイトに公表しましたので、ご案内いたします。

交通事故死者数が減少傾向にあるなかで、死者数全体に占める高齢者の割合は概ね増加傾向にあります。また、高齢者の死亡事故は、歩行中が最も多いという特徴があります。

本レポートは、高齢歩行者の死亡事故の特徴や発生要因を統計データ等を用いて示すとともに、自賠責保険における事故事例を挙げたうえで、事故を防ぐために高齢歩行者と運転者がそれぞれ注意すべき点について、わかりやすく紹介しています。

高齢者の歩行中の交通事故を防ぐには

高齢者の歩行中の交通事故を防ぐには

事故防止・損害軽減等のためのレポート
高齢者の歩行中の交通事故を防ぐには


本件に関するお問い合わせ先

総合企画部 広報グループ

contact@giroj.or.jp(担当:畔田、姫川)

以 上

ページトップへ