事故防止・損害軽減のためのウェブコンテンツ
「高齢者の家庭内事故を防ぐために~離れて暮らす家族ができること~」の公表について

2019年3月28日
損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構【略称:損保料率機構、理事長:浦川道太郎】は、消費者の皆さまに向けた事故防止・損害軽減のためのウェブコンテンツとして「高齢者の家庭内事故を防ぐために~離れて暮らす家族ができること~」を公表しましたので、ご案内いたします。

本コンテンツは、高齢者の事故のなかでも特に死亡者が多い「ころぶ」、「つまる」、「おぼれる」事故について、その多くが家庭内で発生していることに着目し、各事故の事例、原因と、その対応策を分かりやすく解説したものです。なお、単身や夫婦のみで暮らす高齢者が増えていることから、対応策は、別世帯で暮らしながら高齢者をサポートする方の立場から説明しています。高齢者の家庭内事故を防ぐための日常的な取り組みの一助として活用いただければ幸いです。

事故防止・損害軽減のためのウェブコンテンツ
「高齢者の家庭内事故を防ぐために~離れて暮らす家族ができること~」


当機構では、自然災害や日常生活などの身近なリスクについて、統計データなども示しつつ、消費者の皆さまに向けた事故防止・損害軽減のための分かりやすい情報発信を行っています。なお、これまでに掲載したコンテンツはこちらをご参照ください。

事故防止・損害軽減のためのウェブコンテンツ一覧

本件に関するお問い合わせ先

総務企画部 広報グループ

TEL 03-6758-1353(担当:嶋田、蔭山)

以 上

ページトップへ